2019-01-28 10:00:00 +0900
【お役立ち情報】ドッグランの正しいマナーとは?覚えておきたい最低限のルール 「他の犬と仲良くさせたい」「とにかく運動させたい」「お友達同士で集まりたい」など、ドッグランへ行く目的は様々だと思います。まだ、ドッグランへ行ったことが無い方は、「ドッグランへは行きたいけれど、ちょっと心配」という方も多いのでは?人が10人いれば、10通りの性格がある様に、わんちゃん達にも10頭いれば10通りの性格の子がいます。特に小型犬は圧倒されてしまって遊べなかったという事もよくお聞きするので、今回はドッグランについて少しお話しさせていただきます!

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<


☆目次☆
1、犬が喜ぶドッグランのメリット
2、ドッグランに行く前に必要な準備
3、マナー違反!ドッグランでのNG行動
4、ドッグランでの最低限のマナー

犬が喜ぶドッグランのメリット

...
☆ドッグランとは?☆
柵で囲われ、犬をノーリードで遊ばせられる場所です。地面は土のドッグランから芝生、ウッドチップなど、様々なドッグランがあります。
今では、市や区が管理しているドッグラン、会社が経営しているドッグラン、サービスエリアに設置されているドッグラン、屋外、屋内、有料、無料、スタッフ常駐、無人など、様々な形態のドッグランがあります。
 
☆ドッグランのメリット☆
施設内ではリードを付けなくても思いっきり走らせることができます。
ドッグランの中には、遊具を設置しているところもあり、普段なかなか味わう事が出来ない遊びを体験する事ができます。頭も体力も使うため、時間や回数によっては運動不足解消にもなるかも??

また、雨の日こそ退屈しちゃうという子にオススメなのが室内ドッグラン。特に雨が続いた時にはありがたい施設です。

お散歩ではなかなか思いっきり他の犬と遊ばせる事ができませんが、ドッグランだと犬同士で思いっきり遊ぶ事ができます。また、犬同士で触れ合う事で社会性を学べる場面もあり、たくさんの犬達と触れ合える良い機会になります。

※ただし、パピーの時期は特に要注意!無理に連れて行ってしまうとかえってトラウマになってしまう事も。お互いに様子を見ながら慣らせてあげる事が大切です。

ドッグランに行く前に必要な準備

...
☆ワクチン接種をしておく☆
有料のドッグランや、無料でも登録制のドッグランは、登録時にワクチン接種証明書の提示を求められる場合が多いです。
また、提示を求められない場所でも不特定多数の犬達が集まる場所ですので、ワクチンはきちんと接種した上で、ドッグランを利用しましょう。
 
☆排泄を済ませておく☆
基本的に、ドッグラン内での排泄はあまり好ましくありません。特に室内ドッグランではマナーバンド、パンツ、おむつの着用が必須のところが多いので、普段からマナーバンドやパンツ、おむつの着用に慣れさせておきましょう。

まずは、入場前に排泄を済ませ、それでも万が一ドッグラン内で排泄をしてしまったら、きちんと処理をしましょう。
特に男の子は1頭がマーキングをしてしまうと、次々に色々な子が来て同じ場所にマーキングをしようとします。普段のお散歩から比較的マーキングをする子は特にマナーバンドを着用しましょう。
 
☆最低限のしつけをしておく☆
「待て」「来い」(コマンドは様々だと思いますが)ができる様にしておきましょう。
ドッグランは、ラン内にいる子がすべて知り合いならば良いのですが、大抵は初対面の子が多いと思います。中には気が合わない子も出てくると思います。

愛犬が遊びたいからといって、相手の子が犬に必ずしも慣れているとは限らず、怖がっている場合もあります。そんな時、「待て」の一言でクールダウンができる様にしておくと、トラブルになりにくいですよ。

また、楽しくなりすぎてうっかり飼い主さんの目が届かない方面へ走って行ってしまった場合、「来い」の一言で戻って来られると良いですね。
 

マナー違反!!ドッグランでのNG行動

...
☆犬の排泄物を放置☆
特に無料のドッグランでありがちなのが、排泄物の取り忘れ。中には最初から処理する袋などを持たずに入る人もいます。ついつい、お友達とのお話に花が咲き、見ていないところで愛犬が用を足していた、なんて事も多いのではないでしょうか?

基本的に愛犬から目を離すのはNG。お友達と話していても常に愛犬の行動は見ていましょう。
お散歩に行って愛犬の排泄物を飼い主さんが持ち帰るのがマナーである様に、ドッグランでも持ち帰るのがルールです。

中には排泄物専用のゴミ箱が設置してあるところもあるので、その場合は指定のゴミ箱に排泄物を捨てていきましょう。
 
☆犬を放したままほったらかしにする☆
犬同士がケンカになってしまっても引き離さない、他の犬が嫌がっているのにしつこくしていても全く気が付かないなど、困った飼い主さんがたまにいらっしゃるのは事実です。

愛犬がどんなに社交的でも、他の子全てが同じ様な性格とは限りません。相手が嫌がっている場合もあるので、その場合は一度リードに繋ぐなど、愛犬を落ち着かせてあげましょう。

また、いくら自分が注意していても、相手によってはマナーが悪い方もいます。その場合、愛犬を守れるのは飼い主さんだけです。「この子とは相性が合わないかな」など感じたら、一旦ランの外へ出るなど対策をしましょう。

ドッグランへ行ったら、愛犬を守るためにも、常に愛犬から目を離さない様にしましょう。
 
☆他の犬におやつをあげる☆
基本的に、おやつやおもちゃを持ち込むのは禁止しているドッグランが多いですが、それでも、おやつを持ち込む方がいます。

いつもお散歩バッグに入っているからと、持ってくるだけなら良いのですが、それを他の子に勝手にあげたり、ドッグラン内で愛犬におやつをあげるのはやめましょう。

今は、アレルギーを持っている子が多いため、うっかりあげてしまったものがアレルゲンの場合もあります。アレルギーまでいかなくても、食事制限をされている子もいるので、おやつは禁物です。

また、愛犬におやつをあげることで、他の子が寄ってきて、取り合いになるなど、食べ物を巡るトラブルは多いものです。
おやつをあげたい場合は一旦ドッグランの外へ出てからあげましょう。

ドッグランでの最低限のマナー

...
☆犬が落ち着いてからリードを外す☆
特にドッグランが大好きな子は、入る前から大興奮!!必死に走って他の子にぶつかってしまったり、相手によっては追いかけられたり・・・様々な事故やトラブルが起こる可能性があります。

特に大型犬が小型犬と衝突してしまった場合は影響が大きく、怪我をさせてしまう可能性もあります。

まずはリードを付けたまま入場、ある程度挨拶が終わり、落ち着いてからリードを離しましょう。
また、実は入場する出入り口、トラブルが起こりやすいのです。

入場しようとした時、ドッグラン内の犬達が出入り口で待ち構えている事があります。友好的で、遊びたくて待ち構えている子ばかりなら良いのですが、中には後から入ってくる子に一喝入れたい!という子もいます。

また、入場してくる子が必ずしも社会性ができているとも限りません。出入り口でたくさんの犬達に囲まれたら、恐怖の1日になってしまう場合もあります。

「他の子が入ってくるな」とわかったら、まず、愛犬を出入り口から離してあげましょう。
出入り口は、2重扉になっていても、両方開いている場合や、同時に出入りする人で同時に開くことがあり、せっかくの2重扉の意味をなさない場合もあります。

その瞬間、外に愛犬が出てしまったら、他の子が出てしまったらと思うと怖いですよね。
そういった意味でも、出入り口に犬達が集まるのはあまりよくありません。

愛犬が、出入り口に向かったな、とおもったら、離して少しの間寄っていかない様に抑えてあげるのが、愛犬の安全のためにもおすすめです。
 
☆他の犬と交流するときは相手の飼い主さんに声をかける☆
ドッグランは犬同士だけでなく、飼い主さん同士の交流の場でもあります。
愛犬が他の子と遊び始めたら、飼い主さんに声を掛けて了承を取るまですると丁寧で良いですね。

相手の子の事を知っておくと、例えば小型犬なら大丈夫だが、大型犬はちょっと苦手、しつこくされると怒る時もある、特定の犬種が苦手・・・など、お互いに情報交換をしておくと、犬同士のトラブルが起こりにくく、また、万が一トラブルになりそうになっても大きな問題にはならなくて済むことが多いです。
 

ドッグランは、お互いにマナーを守って利用すれば運動不足解消にも、社会性にも利用できるとても良い場所です。

もうすでにしっかりマナーを守って利用している方が多いとは思いますが、ちょっと思い当たる節がある方は・・・せっかくの愛犬との時間、または愛犬にとっても、好きな時間にするためにはまずは自分から!マナーを守ってドッグランを楽しみましょう♪
 
                             
ALPHAICONがオススメするマナーグッズはこちら
                         
愛犬のウンチ袋!!これ、ホントにニオイません・・・!!
                                       
>>みんなの防臭袋はこちら<<
 
                         
ドッグランや屋内施設の必需品!質の高いマナーグッズ
                                                 
>>マナーバンド<<
                                                 
>>マナーパンツ<<
 
...  

written by misato ezura
 

ALPHAICONをフォローする