2018-10-18 12:00:00 +0900
【お役立ち情報】犬の散歩はしつけが大切!安全にお出かけするための正しいしつけ方 多くの飼い主さんのお悩みで、「愛犬がとっても引っ張ってしまうので手が痛い」「愛犬が引っ張って苦しそう」という声をよくお聞きします。「愛犬が好きな場所へ行ってあげたい!」という気持ちは大変よくわかりますが、通常のお散歩だと、例えば相手のわんちゃんが犬が苦手な場合や、相手が人であっても犬が苦手な人もいますよね。そんな時に引っ張られっぱなしだとトラブルになりかねません。 愛犬も自分の行動で、飼い主さんが怒られている姿を愛犬が見たいはずはありません。また、愛犬自身も怒られるのは嫌な気持ちになります。そこで大事なのはやはり「引っ張らないこと」。お散歩デビューして、お散歩にだいぶ慣れてきたら楽しく上手に歩く練習をしましょう♪

散歩のしつけの重要性

...
☆危険から犬を守る
外の世界は思っている以上に危険がいっぱいです。そこから愛犬を守るのは飼い主さんしかいません。犬が食べてはいけない物が落ちていたり、ガラスの破片が落ちていたり。不測の事態を避ける為にもまずはお家の中からゆっくり歩く練習をしましょう。
 
☆愛犬とコミュニケーションをしっかり取る事で結果的に愛犬を守ることに繋がります。
特に好奇心旺盛な子たちは、最初のうちはあちこちジグザグに歩いたり、色々なニオイを嗅いだり、いろんな犬や人に挨拶をしたり、「お散歩してるだけでこっちが疲れちゃう!」という経験をしたことはありませんか?そんな時はしっかり愛犬とコミュニケーションを取る必要があります。
 

よくある犬の散歩トラブル

...☆引っ張り癖
飼い主さんのお悩みで最も多いのが「引っ張り癖」。小さな頃からトレーニングをしている子ではない限り、大抵の子はお散歩で引っ張るかと思います。特にお散歩が大好きで、少しでも長く、たくさん歩きたい、または走りたい!という子に多いです。
 
愛犬をお散歩しているのではなく、飼い主さんが愛犬の思い通りにお散歩されている、という姿がまさにこの様子を言います。
 
☆拾い食い
よく草むら等には食べかけのパンやカラスが運んで来たゴミなどが落ちています。警戒心の強い子はあまり拾い食いをする子はいないように思えますが、好奇心旺盛な特に子犬は要注意です。美味しいか美味しくないかではなく、まず口に入れてみる、という子が多いからです。
 
お家でなんでも食べてしまう子は特に注意しましょう。街中だと、殺鼠剤や除草剤が草にかけられている場合もあり、そこに食べ物が落ちていたり、そこに生えている草を食べたりすると中毒を起こします。ひどい場合には命の危険もありますのでなるべく草の中はニオイを嗅がせないようにしましょう。
 
毒入りのおやつやパンを落とすというような事件も過去にありましたので、草むらだけではなく、お散歩中は愛犬の様子をしっかり見て目線に食べ物が落ちていないか事前に確認し、落ちていたら愛犬が食べてしまわないようにしましょう。
 
...
☆他人への飛びかかり
人が大好きな子は、嬉しすぎて飛びついてしまう場合が多いです。相手の方がお出かけに行く前でおしゃれをしていて、そこに愛犬が飛び付いてしまったら大変。普段から飛び付き癖が付かないようにトレーニングしましょう。
また、相手が他のわんちゃんの場合でも、怖がりの子の場合や、他のわんちゃんが苦手な子もいるので、リードを短く持ち、挨拶する時には相手の飼い主さんにも了承を得た上で挨拶させましょう。
 
もし万が一、愛犬が飛び付いたことで、相手がお子さんやお年寄りで転んでしまったり、相手が怖がりの犬の場合、トラブルになりかねません。トラブルを起こさないためにも、普段から飛び付きをしないようにトレーニングしましょう。
 

愛犬との正しいお散歩のポイント

...☆犬が人間を気にしながら歩く
愛犬とお散歩をしている時、愛犬は飼い主さんの事を気にしながら歩いていますか?アイコンタクトはしっかり取れているでしょうか?
 
しっかり横に付いて歩く練習ができている子や、ドッグダンスをしている子などはしっかりアイコンタクトが取れている子が多いですが、ほとんどの子が行きたい方向を見て必死で歩いているケースかと思います。
 
愛犬がしっかり飼い主さんの事を気にしながら歩くようにコミュニケーションを取るようにしましょう。
 
☆リーダーウォークって??
愛犬が好きな方向に行かないようにするには、より飼い主さんに注目してもらう必要があります。飼い主さんに注目してもらうには、他のニオイや他のわんちゃん、他の飼い主さんへの興味より、「お父さんやお母さん(飼い主さん)と歩いている方が楽しい!!」というお散歩が必要です。
 
毎日同じお散歩コースも良いですが、たまには行った事のない道を通ってみたり、「飼い主さんとのお散歩はいつも楽しいな」と思うお散歩にしましょう。その時に、愛犬が好きな場所なら良いのですが、愛犬が行きたい方向に行くのとは違います。
 
あくまで、愛犬が好きな場所へ飼い主さんが誘導してあげる、という感覚でお散歩しましょう。
 

犬の散歩のしつけ方

...
ここでご紹介する方法は、あくまで一例です。愛犬の様子を見ながら、愛犬に合ったトレーニング方法を見付けてあげましょう。その参考になれば幸いです。
 
☆リードは短く持つ
愛犬が急に飛び出して行かないように、なるべくリードは短く持ちましょう。愛犬が好きな方向へ行くうちは、伸縮性リードはオススメしません。リードによっては、持ち手が2つ付いていて、短く持ちやすいものもありますので、そのようなリードにすると良いですよ。
 
ゆっくり一緒に歩けるまでは、時々愛犬が予想しないような動きをしてみましょう。例えば、急に立ち止まってみたり、急に反対方向へ歩いてみたり。愛犬が飼い主さんに「??」と顔を向け、目と目を合わせ「アイコンタクト」ができたらすごく褒めてあげましょう。
 
...
☆「立って待て」ができるようにする。
まずはリードを持った状態で飼い主さんの横に立ったまま待つ事を教えましょう。左右どちら側でも立って待てができると理想的です。
 
リードを持った状態でできるようになったら、お家の中でリードがない状態で立って待てができると、優秀です♪それができるとモデルさんとして活躍できる場が増えるかもしれないですね!ALPHAICONのカタログやオンラインショップで活躍しているモデルさんも、「立って待て」ができるので着用参考画像が撮影できるのです。
 
お家の中で立って待てができるようになっても、決してお散歩時にノーリードにはしないでください。
 
☆犬がついてくるように覚えさせる。
・お家の中での練習
お散歩中やお外での練習は、慣れるまでは刺激が多すぎて集中できない場合が多いので、まずはお家の中で練習しましょう。お散歩と同じくリードを付けて、練習してくださいね。
 
慣れて、しっかり飼い主さんの左側に付いて歩けるようになったらお外で実践です。まずは刺激が少ない場所を選んで練習しましょう。最初はお散歩中より、別にトレーニングの時間を取って短時間でやりましょう。
 
真っ直ぐに歩けるようになったら、徐々に急に方向転換をしてみたり、止まってみたりしても愛犬がしっかり左側に付いている状態ができれば優秀です♪まずは少しずつ、できたらたくさん褒めてあげましょう。
 
愛犬にとって楽しいお散歩。お互い楽しくお散歩したいですよね。付いて歩く他に練習するとおすすめなのは、「待て」と「来い(おいで)」です。急に横断歩道などを渡らないように必ず手前で「待て」で待てるようにしましょう。

おいでも、まずは家の中で。この時気を付けなければならないのが、叱るときに呼び寄せることです。「おいで」と言っておきながら、叱るのでは、愛犬も「おいで=怒られる」となってしまい、「おいで」という言葉では来なくなってしまいます。「おいで=良い事」に結びつくように練習しましょう。

練習の時は飼い主さんが楽しく、そして愛犬も楽しく学べるように短時間で濃いトレーニングの時間を作ってあげる事が重要です♪
 
お散歩に欠かせないカラーやハーネス、リードをお探しなら・・・
 
ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズを厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。
https://shop-alphaicon.com/products/list_lineup_goods.php
 
written by misato ezura
 
 
 
 
 

ALPHAICONをフォローする