2018-10-05 07:00:00 +0900
【お役立ち情報】犬も秋服に衣替え!季節の変わり目こそ重視したい犬の服の選び方 近年全国的に台風が多く、気温が高くなったり低くなったり気温差が激しく体調を崩しやすい気候になっていますね。秋と言えば本来なら過ごしやすい季節のはずなのに、ここ最近は一番気温差が出る季節なのではないでしょうか?気温差が激しいと人も犬も体調を崩しやすくなる時。そんな時、皆さんはどんな対策をしていますか??今回は、ウェアで対策する方法を少しお話しさせていただきたいと思います。

犬と過ごす秋の注意点

...

☆昼と夜の気温差☆
秋は気温が安定しない日が続きますね。台風が来れば一気に気温が上がり、去った後は急に肌寒くなる・・・特に最近はそんな日が多く、人も愛犬も身体がついていかないなんて実感している方が多いのではないでしょうか?

また、日中は暖かく薄着をしていたら夜急に寒くなって冷えてしまうという事がよく起こりませんか?そんな時は、愛犬も人も身体が対応できなくなり、それがストレスとなり体調を崩しやすくなります。
 
☆体力の低下☆
秋という季節は、暑い夏が終わり、夏バテで体力が落ちている子も多いですよね。また、これからやってくる冬に向けて、体力を戻さなくてはならない季節でもあります。体力の低下は、抵抗力、免疫力の低下にも繋がる為、感染症などにもかかりやすくなります。
 
☆ノミやマダニ☆
温かい季節にしか一見出てこないと思われる「ノミ・ダニ」。実は一年中存在します。特に最近は夏が暑すぎて出てこなかったノミ・ダニが秋になって快適温度になり、発生する季節です。一番のピークは梅雨から夏にかけてですが、秋も要注意です。

ノミは気温が13℃あれば繁殖できてしまいます。また、ダニは秋に若ダニや幼ダニが多く発生します。
愛犬への「ノミ・ダニ」対策は、お薬を利用して予防する事はもちろん、プラスアルファでウェアでも対策すると安心です。
 
☆抜け毛☆
犬は季節によって毛の量を調整します。特にコーギーや日本犬の様にダブルコートの子は、春くらいになるとごっそり「換毛期」に毛が抜けて、夏毛へ衣替え、秋に毛が抜けつつ綿毛が生えてきて冬の準備を始めます。特に毛が抜ける時期はお家の中はもちろん、車の中やカフェなどでも抜け毛が気になりますよね。そんな時は室内でも利用できるウェアで少しでも軽減できればお掃除が少し楽になりますよ。
 

秋にも犬の服が重要な理由

...

☆体温調節を助ける☆
気温差が激しい季節は、人も洋服で対策する様に、愛犬にもウェアで体温を調節してあげましょう。特に、子犬やシニア犬は自分で体温調節する事が苦手です。シニア犬は、若い時にはへっちゃらだった気温でも、対応できなくなる場合があるので注意が必要です。少しでも気温の変化を和らげてあげるためにウェアを着せてあげましょう。
 
☆おでかけが多くなる☆
過ごしやすい秋は、行楽シーズンでおでかけが増えますよね。犬関係のイベントも多くなりますし、お友達同士でも集まりやすい季節になります。おでかけだと、どちらかというとおしゃれ着を着せることも多いですよね。落ち葉の中でおしゃれして記念撮影♪なんて写真を撮る方も多いのではないでしょうか?

また、特にカヌーやハイキング、紅葉狩りなど、秋ならではのアウトドアを楽しむ方も多いですよね。山などに行くと、虫や落ち葉が毛や身体についてしまったり、お腹が土でドロドロになってしまったり。そんな時にはつなぎタイプのウェアを着ていれば汚れる部分が最小限で済みます。撥水効果が付いていればなお良いですね。

ALPHAICONのフルドッグガードやダブルフルドッグガードなら、撥水機能付きの全身ロンパース型なので、秋のアウトドアにオススメですよ!撥水機能が付いているので、カヌーなど水遊びでもラッシュガードの様な役割をしてくれます。ウェアを着ずに泥やお水が身体にかかったままだと、気温によってはかえって冷えてしまいます。

そこで、ウェアを着せてあげると汚れも冷えも防げるので、アウトドアへ行くときは撥水機能が付いたウェアを持っていくのがオススメです。

 
...

☆紫外線を防ぐ☆
秋(9月〜)は気温が下がっても、まだまだ紫外線が強い時期です。「涼しくなったからいいや」と思いがちですが、秋もしっかり紫外線対策をしてあげましょう。暑がりの子は夏用のシャツを濡らさずに1枚着ているだけでも紫外線対策になります。

また、毛が抜ける換毛期でもある秋は、皮膚がデリケートになっています。だからこそ、紫外線対策が必要になってきます。
 

犬の秋服の選び方

...
☆素材☆
気候、着せやすさ、目的によって素材を選びましょう。例えばアウトドアなどでしたら撥水加工がされているポリエステル製のウェア、雨の日や風除けの為なら防水生地のレインウェアなど、「何のために使うか」でウェアを選択しましょう。
 
また、近年は一年中着られる素材も多いため、その日の気候や、カラー・リードに合わせて、飼い主さんのファッションに合わせて等で選んであげるのも楽しいですね。
秋の気候だと、春物でも良いのですが、夕方の気温が急に下がることがあるので、秋は秋冬用のドッグウェアで少し厚手のものを用意されると良いかと思います。
 
☆防虫効果のある服☆
袖付きが苦手な子はALPHAICONの虫除けウェア、「インセクトスリーブレス」の様なウェアや、ロンパース型のウェアに虫除けスプレーをかけて対策など、秋はまだ虫が多い季節でもあるので、草むらや山の中に入る時には虫除け対策が必要です。

☆サイズ感☆
換毛期の季節は、なるべく蒸れない素材でかつ、毛が擦れるほどのサイズ感はおすすめしません。また、冬に重ね着をする場合、アウターとして着られるコートなどは少し大きめのサイズを選びましょう。また、抜け毛対策用につなぎタイプのロンパースを1枚持っておくと便利です。
 

季節の変わり目を健康に過ごすポイント

...
☆食べ過ぎに注意☆
ウェアとは少し離れますが、秋と言ったら「食欲の秋」と思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?秋は食材も美味しいものが増えますし、夏の間暑すぎて食欲がなかったのが秋になって食欲が戻り、食欲旺盛になって「ついつい食べてしまう」という方も多いのでは?愛犬達も同様、夏の間「ご飯食べたくない」と言っていた子でも、秋になったら食欲が戻る子が多いです。犬達は本能的に冬に備えてエネルギー補給という意味で食欲旺盛になる場合も多いですが、お家の中で暮らしている犬達は、エアコンなどで寒さ対策ができ、特に冬に備えてエネルギー補給の必要がほとんどないので、おやつやごはんを夏より多くあげる必要はありません。夏よりも「おやつちょうだい!!」のキラキラした眼差しを向けられる機会が多いかもしれませんが(笑)そこはぐっと我慢しましょう。
 
☆抜け毛のケアをする☆
季節の変わり目に毛が生え変わり、犬達も衣替えを始めます。特に毛が多い犬は気温が急に下がったことを境にどんどん生え変わる子が多いです。この時期はこまめにブラッシングをし、毛玉ができない様にすることも大切です。

 
...

☆急激な運動は避ける☆
特に近年の夏は、暑すぎて夏バテや熱中症にならない様にお散歩を控えている方も多いと思います。やっと秋になり、「涼しくなったからおでかけ行くぞ!」「アウトドアやるぞ!」と、ワクワクしますよね。ただし、特にシニアの子は急に運動量が増えると、心肺機能や足腰に負担が掛かってしまいます。飼い主さんも急にペースを上げると途中で息切れしてしまうので、お互い徐々に運動量を増やして行きましょう。例えば、お散歩なら少しずつ距離を伸ばす、おでかけなら1日遊んだら次の日はゆっくり休んだり、午前中休んでから午後活動するなど、調整しながら過ごすことが疲れを貯めずに楽しく過ごせるポイントです。
 
秋はたくさんのイベントがあったり、おいしいものが増えたり、何かと楽しい季節ですね。「やっと涼しくなった!」と、ついついハイペースで過ごしがちなので、途中で電池切れを起こさない様に、調整しながら過ごしましょう!また、ウェアはおでかけ先や気候、用途によってそれぞれおしゃれを楽しみつつ対策をしましょう♪
 
犬服・機能性ドッグウェアのALPHAICON(アルファアイコン)
秋冬の新作はこちらからご覧ください!
https://shop-alphaicon.com/products/list_lineup_wear.php

written by misato ezura
 

ALPHAICONをフォローする