2021-05-11 17:00:00 +0900
ALPHAICONがプロデュースするエゾシカフード「ルシオール」

まずは”匂い”を嗅いでみてください。
これが野生のエゾシカの”匂い”です。

ALPHAICONがプロデュースする
「ルシオールシリーズ」のこだわり、鹿肉のパワーをご紹介します!

ルシオール商品のご購入はこちらから

エゾシカ肉はどんな肉?

...
毎日食べている愛犬の食事内容を考えたことがありますか?

一番の心配は愛犬に与えたら下痢や嘔吐、皮膚の痒みが出るなどのアレルギー症状ではないでしょうか。そのアレルギーを起こす主な原因がタンパク質です。一般的なフードやおやつのタンパク質は鶏肉や牛肉などです。実は多くのアレルギー反応は鶏肉や牛肉といったお肉に反応してアレルギーを発症しているのです。

当然、お肉だけが悪いのではなくお米や小麦がアレルギーの原因にもなりますが、アレルギーを発症した時、まずは動物性タンパク質のお肉を疑ってしまいます。


...

現在、どのようなお肉が原因でアレルギー反応が起きたか分かる血液検査では、牛肉・ウサギ肉・鶏肉・豚肉・鹿肉・七面鳥・アヒル/カモの7種類のお肉まで分かります。

その中でアレルギー反応が多い肉は鶏肉なのですが、多くのフードやジャーキーで使用されています。その血液検査でほとんどアレルギー反応を示さないお肉が鹿肉です。


...

鹿肉はアレルギーの血液検査でほとんど陰性との結果が得られることが多く、そのことからも、鶏肉や牛肉といった一般的に使用されるお肉よりずっとアレルギーを起こしにくいお肉です。

そもそも、ジャーキーに使用するエゾシカ肉は野生の鹿のお肉ですから、抗生剤やホルモン剤など薬品が体内に入ることはありません。また、高い体温で寄生虫や雑菌に感染しにくいことも知られています。そして、何より牛肉や豚肉と比較して脂質が1/15、カロリー1/3で良質な高タンパクですので、お肉の中では安全安心でヘルシーな食材と言えるでしょう。

 

鹿肉の潜在的栄養パワーって凄い?

...

鹿肉を他の肉と比較してみましょう。 比較対象肉は脂身が少ない牛と豚の赤肉(肩ロース)、そしてヘルシーなお肉の代表格である 鶏肉ササミの3つのお肉の100gあたりのカロリーを比較してみました。


...

次に、タンパク質1g当たりのカロリー値についても鹿肉と他肉の比較をしてみました。


...

さらに、鉄分と炭水化物の含まれる量を鹿肉と他肉で比較してみました。


 

鹿肉の未知なるチカラ!

...

鹿肉には他の肉類にはほとんど含まれていない秘めたるチカラの成分が含まれています。
それは、青魚に含まれているドコサヘキサエン酸(DHA)で中性脂肪を減少させる大きな働きを持っています。

また、ビタミンB2という水溶性ビタミンも多く含まれており、脂肪の燃焼や新陳代謝を良くする働きがあることから、皮膚や毛艶の改善にも効果が期待できます。 さらに、DHAやビタミンB2などの相乗効果で体内のコレステロールバランスに変化をもたらし、老犬の生活習慣病(糖尿病など)の予防や体質改善も大いに期待できます。

本当に新鮮な鹿肉には独特の臭みはない!

人間の食用鹿肉でも多少の臭みがあるため香辛料や加熱といった調理で臭みを消します。 そのため、嗅覚が鋭い犬はこの臭いが苦手で食べない子もいます。しかし、本当に新鮮な鹿肉は臭みがありません。ルシオールのジャーキーは新鮮な鹿肉しか使用しないため臭みがないことから嗜好性にも優れています。 最後にルシオールブランドのエゾシカ肉ジャーキーと他社のエゾシカ肉ジャーキーを比較してみました。比較は鉄分を多く含むエゾシカレバーのジャーキーが対象です。

...

1gのタンパク質あたりのカロリー数値が低いほど高タンパク質で低カロリーに優れていることを示しています。つまり、他社のジャーキーと比較した場合、ルシオールのジャーキーは同じエゾシカ肉を使用しても、より優れたヘルシーなエゾシカ肉ジャーキーであることが分かります。

ALPHAICONがプロデュースする「ルシオール」ではさまざま商品をご用意しております。
ぜひこの機会にお試しください。

ルシオール商品一覧はこちらから

ALPHAICONをフォローする