2022-01-12 11:24:00 +0900
犬が飼い主を信頼している行動とは?犬との信頼を深めるためのコツ 犬は人の言葉を理解し、愛情表現が豊かな動物といわれています。普段愛犬と過ごしていて「この行動の意味は何だろう?」と疑問に思うことはありませんか。何気なく過ごしているなかで、普段気付かないような行動でも、実は愛犬が飼い主さんを「大好きだよ」「信頼しているよ」と行動で教えてくれているのかもしれません。今回は、犬の信頼している行動と信頼関係を深めるコツをご紹介します。


ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<


☆目次☆
1、犬が信頼している人に見せる行動
2、犬との信頼関係が崩れてしまう行動
3、犬との信頼関係を深めるためのコツ
4、愛犬の行動を理解して信頼関係を深めよう

犬が信頼している人に見せる行動

...

●おなかを見せる
犬のおなかは皮膚が柔らかく、攻撃されたら命の危機につながる動物の急所です。甘えるようにおなかを見せることや、あおむけでおなかを出して眠るのは、飼い主さんを信頼している証拠です。

●お尻をこちらに向ける・くっつける
犬がお尻をこちらに向けてどこか違う方向を向いているときはありませんか?犬の先祖は集団で生活しており、お互い背中をくっつけあいながら四方を警戒して狩りなどをしていました。その野生の習性が残っているため、飼い主さんに背中を見せるということは、信頼している証拠だといえます。

●寄りかかって寝る
もしもあなたが外で眠るとしたら、なかなか怖くて眠れませんよね。人間でさえ警戒するのですから感覚の鋭い犬はなおさらです。誰かに襲われたらどうしよう、獣が出てきたら怖いなどさまざまなことに警戒しています。眠るとき寄りかかってくるのは、この人なら安心だと信頼しきっているからです。

●体を触っても嫌がらない
犬が体を触られてもおとなしくしているのは信頼しているからです。犬は本能で、信頼している人にしか体を触らせない習性があります。特に口周りや足先などの敏感な部分は嫌がる傾向にあるため、触らせてくれるのは相当信頼度が高い証拠です。

●じっと見上げる
愛犬が何か言いたげに、じっと飼い主さんを見上げてくることはありませんか。これは犬のコミュニケーションの一つで、相手に話しかけているのと同じ意味を持ちます。コミュニケーションをとろうとするのは、飼い主さんを信頼して心を開いているからこその行動です。愛犬が見上げてきたら、優しく声をかけながら見つめ返してあげてください。

●一人でも落ち着いている
愛犬が飼い主さんと離れて自分の寝床で眠り、飼い主さんが出かけても落ち着いているのは、ここが自分の居場所なのだと理解し、安心しているからです。飼い主さんの愛情が十分に伝わりとても居心地がよく、信頼と深い絆で結ばれているからといえるでしょう。
 

犬との信頼関係が崩れてしまう行動

...

●感情的に怒る
犬が何か失敗したときやいたずらをしたときに、大きな声で怒鳴る人がいます。これは信頼を失う可能性があります。粗相は感情的にならずに片付けます。いたずらや甘噛みはしばらく無視し、落ち着いた後に落ち着いたことをほめてあげましょう。

●態度を変える
態度をコロコロ変えることも犬が混乱してしまいます。この前は平気だったのにと不信感を抱かせてしまいます。

●暴力をふるう
犬をたたいたり蹴ったりといった暴力行為は絶対にしてはいけません。信頼どころではなく愛犬を深く傷つけてしまいます。飼い主さんの暴力を犬が攻撃と受け止めた場合、さらなる問題行動に発展するおそれがあります。そうなると信頼の回復に時間がかかります。しかるときは正しくしかりましょう。

●不快感をあたえる行動をとる
犬が大事にしているおもちゃやベッドを取り上げると、信頼関係を損なうおそれがあります。悪ふざけでやるのは当然いけませんが、洗濯などで一時的におもちゃやベッドを引き上げるときは、代わりを用意してあげましょう。

犬との信頼関係を深めるためのコツ

...

●一貫性を持って接する
犬の社会には上下関係やルールが存在します。犬は本能でルールを理解していて、決まったルールがないと逆にストレスを感じてしまうこともあります。家族の中でもしつけの仕方がばらばらだと、犬は何が正しいのか、誰を信用すればいいかわからず、混乱して自信をなくします。そのため愛犬にしつけをするときは、家族の中で一貫性のある行動をとり、信頼関係を深めていきましょう。

●アイコンタクトをとる
アイコンタクトは犬との関係で大切なことです。犬と飼い主さんが見つめあうことで、愛情ホルモンが出て絆が深まるという話もあります。日ごろからアイコンタクトをとることを意識し、しっかりと目を見ながら指示したり、名前を呼んだりしましょう。アイコンタクトがとれるようになると、信頼関係が深まり、しつけもスムーズにいきます。

●スキンシップをとる
本来、犬は優しくなでられるのが大好きです。スキンシップが少ないと犬は愛情を感じられずに、社会性が身につかなくなります。忙しくても毎日少しずつでもいいので、愛情が伝わるように愛犬とスキンシップをとりましょう。きっと愛情が伝わり絆が深まっていくでしょう。

愛犬の行動を理解して信頼関係を深めよう

...

犬との信頼関係は日々のコミュニケーションの取り方がとても大事になってきます。人の言葉を理解できる犬だからこそ、愛情をもって接すれば応えてくれます。愛犬の行動の意味がわかると余計に愛おしくなります。その気持ちにすぐに応えられるように、より深い信頼関係を築いていきたいですね。愛犬の行動をぜひ観察してみてください。


ALPHAICONをフォローする