2021-04-01 17:00:00 +0900
犬の痙攣の理由とは?寝ているときにピクピクする原因と注意点 犬が寝ているときに、体が痙攣しているのを見たことがありますか?鼻や口をわずかにピクピクと震わせる程度なら驚きませんが、寝ているのに足をバタバタと大げさに動かしていたら心配になりますよね。今回は、犬が寝ているときに痙攣する理由や危険な痙攣との見分け方、痙攣時の注意点について解説します。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<



☆目次☆
1、犬が寝ているときに痙攣する理由
2、痙攣を引き起こす病気
3、無害な痙攣と危険な痙攣の見分け方
4、犬が痙攣を起こしているときの注意点
5、寝ているときの犬の痙攣はしっかりと観察することが大切!




犬が寝ているときに痙攣する理由

...
犬が寝ているときに痙攣するのはたいていの場合、犬が見ている夢に体が反応しているからです。犬も人間と同じように、夢を見ます。

犬が寝ながら足をばたつかせている時は、夢の中で一生懸命駆けているのかもしれません。口元を動かしている時は、夢の中で食事をしたり、吠えたりしているのでしょう。または、犬が眠りながら記憶を整理しているという説もあります。


いずれにしても、人間と同様にレム睡眠の状態で眠りが浅いときに脳が覚醒しているため、夢を見て身体が動いてしまっているだけです。病気とは関係ないので、放っておいても心配ありません。

我が家の愛犬も、よく口元を動かしたり、バタバタ走っているかの様な動きをするときがあります。起きているときのも散々おやつやご飯を食べ、散々走り回っているのにと思ってしまいますが、みなさんの愛犬はいかがですか?
 

痙攣を引き起こす病気

...
痙攣を引き起こす病気で多いのがてんかんです。犬もてんかんになることがあり、発作を起こすと痙攣をすることがあります。てんかんは遺伝的要素が強く、血のつながりのある犬にてんかんの症状が見られる場合は、発症の可能性を疑いましょう。

水頭症や脳腫瘍のような深刻な疾病でも、寝ているときの痙攣という形でてんかん発作を招くことがあるため、睡眠中の痙攣を軽視することはできません。

また、肝臓・腎臓の機能が低下すると、体内に老廃物や毒素が溜まってしまい、痙攣の原因となることもあります。このような代謝の異常を起こす病気として、腎不全や肝硬変が知られています。

他にも、薬物中毒を引き起こしたり、ジステンパーといったウイルス感染症に罹患したりした際にも痙攣発作に至ります。

関連記事:犬のてんかんってどんな病気?知っておきたい発作の症状と治療法(字の上をクリック!)
 

無害な痙攣と危険な痙攣の見分け方

...
夢を見ている時に起きる無害な痙攣と、病気が原因の痙攣はどのような違いがあるのでしょうか。特に注意したい痙攣は、一日中繰り返し痙攣を起こす群発発作や、痙攣の最中に新たな痙攣を起こす重積発作だと言われています。

このような痙攣は、脳に障害が残るおそれがある危険なものです。ほとんどの痙攣は数分程度で治まります。発作が終わって落ち着いてから、速やかに動物病院へ連れて行くようにしましょう。


群発発作の場合は、痙攣の間隔が長ければ早急に診療を受ける必要はありません。痙攣後の食欲や活動の様子を観察して、いつもと変わらないようなら、しばらく様子を見ても良いでしょう。
 

犬が痙攣を起こしているときの注意点

...

寝ているときに犬が痙攣を起こしたら、心配になって撫でたり抱き上げたりしたくなるでしょう。しかし、痙攣中は犬も自分の行動をコントロールできないので、安易に触ることは禁物です。

痙攣中にうかつに触ると、どんなにおとなしい愛犬でも無意識のうちに飼い主さんに噛みついてしまうこともあります。また、いったん発作が治まってもその後に群発発作が起きるかもしれないので、痙攣が落ち着いてもしばらくはそばで見守ってあげましょう。


病気の可能性がある痙攣の場合は、触らずに痙攣時の様子をよく観察しておきます。可能であれば、痙攣の様子をスマホで録画したり、痙攣の継続時間を測定したりしておくと、動物病院で具体的に症状を伝えることができ、迅速に診断を行うことができるでしょう。
 

寝ているときの犬の痙攣はしっかりと観察することが大切!

...
寝ているときの痙攣は、ほとんどの場合、夢を見ている犬の体が反応しているだけで心配する必要はありません。しかし、犬の命にかかわる深刻な病気が原因という場合もあるので、痙攣しているのを見たら、群発発作や重積発作を起こさないかを観察することが大切です。

痙攣が治まった後も、食欲がなかったり元気がなかったりするようなら、一度動物病院で診察を受けましょう。


発作が起きてしまうとどうしても冷静でいられなくなり、焦ってしまいます。
獣医師に正しく状況を伝えられる様、普段から愛犬を観察し、冷静に対処できるようになるとより良いかと思います。
 




ALPHAICONをフォローする