2020-07-30 10:00:00 +0900
プードルの種類は?聡明で愛くるしい!人気の犬種の特徴と性格 プードル(フレンチプードル)は、可愛らしい姿と人懐っこい性格でとても人気が高い犬種のひとつです。もともとは、狩猟犬として飼育されていました。現在では愛玩犬としてだけでなく、知能の高さを生かした介助犬や盲導犬としても活躍しています。

ここでは、国際畜犬連盟およびジャパンケネルクラブで認定されている4種類のプードル

・スタンダードプードル
・ミディアムプードル
・ミニチュアプードル
・トイプードル

の特徴と性格をご紹介します。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<


☆目次☆
1、スタンダードプードルの特徴と性格
2、ミディアムプードルの特徴と性格
3、ミニチュアプードルの特徴と性格
4、トイプードルの特徴と性格
5、幸せに暮らしていくためにストレスを少なくすることが大切


スタンダードプードルの特徴と性格

...
プードルの中では体が一番大きく、そして最も古い歴史がある犬種です。

体高は約45~60センチメートル、体重が
15~19キログラムほどで大型犬に分類されます。
平均寿命は12年前後が一般的。性格は穏やかで賢く社交性もあります。飼い主さんに従順なので、初めて犬を飼う方にも安心でしょう。

ただ、毎日一時間程度の散歩が必要です。運動量の不足が原因でストレスが溜まり、無駄吠えの癖がつく可能性があります。

大きな体の割には、神経が細やかな面があります。しつけは褒めて伸ばすことが大切です。飼い主さんのいうことを聞かない時でも、決して体罰はNG。もともと非常に頭が良い犬種なので、根気よく愛情を注いで下さい。

関連記事:犬の吠える癖を直そう!無駄吠えの理由と対処法(字の上でクリック!)

ミディアムプードルの特徴と性格

...
※写真はトイプードルです。

ミディアムプードルは、日本ではあまり馴染みがありませんが、気品ある外見で世界的には愛好家が多い犬種です。

体高は
35~45センチメートル、体重8~15キログラムの中型犬になります。多数の毛色が存在しますが、基本的に殆どが単色です。

毛量が多い割には、抜け毛の心配はいらないでしょう。性格は活発で好奇心が強く、積極的に行動します。その上、聡明で物覚えが良いため、しつけがし易い犬種です。
 

ミニチュアプードルの特徴と性格

...※写真はトイプードルです。

ミニチュアプードルの体高は28~35センチメートル、体重は5~8キログラムで小型犬に分類されます。

神経質な面はありますが、明るく感情表現が豊かな性格なため、飼い主さんに愛情表現をしてくれるでしょう。

元来は猟犬であったため、運動不足にならないようすることが大事です。ストレスで問題行動を起こさないためにも、散歩は毎日行うのが理想です。ただ、骨折しやすいので激しい運動はなるべく避けたが良いでしょう。
 



トイプードルの特徴と性格

...
トイプードルは、成犬でも体高24~28センチメートル(理想は25センチメートル)、体重は3キログラム程度の大きさです。

仔犬の値段は様々ですが、レッドやアプリコットの毛色が高めに設定される傾向にあります。

小型で性格も従順なため、とても飼いやすい犬種ですが、こまめなブラッシングが必要です。全身巻き毛に覆われ、しかも伸びるのが早いため、数日ブラッシングを怠ると毛玉だらけになってしまいます。ある程度のトリミング費用は覚悟しておきましょう。

トイプードルは、運動能力が高いため毎日の散歩は欠かせません。ただし、生後6か月くらいまでは体に負担がかかるので、激しい運動は避けるようにしましょう。

育つ環境にもよりますが、寿命は14年~17年といわれています。栄養バランスがとれた
ごはんを食べさせ、精神的ストレスを与えないように工夫すれば、もっと長生きできるかもしれません。低血糖やてんかんなどの病気に罹りやすいため、予防接種や健康診断など健康維持に努めて下さい。
 

幸せに暮らしていくためにストレスを少なくすることが大切

...
プードルの4種類の犬種について紹介しました。

全てのプードルに共通しているのは、聡明で人懐っこく飼いやすい犬種だということです。活発で体力があることも共通しています。運動不足によるストレスで、無駄吠えや嚙み癖などが多くなり飼い主を困らせることもあるでしょう。

問題行動をなくすためにも、毎日の散歩が欠かせません。愛情をたっぷり注ぎ、コミュニケーションを密にとっていけば、愛犬も飼い主も幸せに暮らしていけるはずです。

また、どんな犬種にも言えることですが、飼いやすいとはいえ、しっかりしつけ、トレーニングは必要です。

頭がいい=色々な作戦を練ってきます。飼い主さんが愛犬の思い通りにならないように、小さな頃からコミュニケーションとトレーニングをしっかりしていきましょう。

関連記事:子犬が噛む理由としつけの方法は?(字の上でクリック!)
 




ALPHAICONをフォローする