2020-03-04 11:00:00 +0900
愛犬がお腹を見せるときの気持ちとは?仰向けになる原因は? 犬に限らず、動物が仰向けになってお腹を見せるのは大変珍しいことです。骨で覆われていないお腹は大切な内臓がある急所。お腹を見せている時に敵に襲われたらひとたまりもないからです。それにもかかわらず、犬が仰向けになってお腹を見せることがあります。お腹を見せてくれると信頼されていると思う飼い主さんも多いと思いますが、犬がお腹を見せる原因は他にもあるかもしれませんよ。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<



☆目次☆
1、降参や服従の意志を示すとき
2、飼い主さんに甘えたいとき
3、犬がリラックスしているとき
4、臭いを付けたり消したりしたいとき
5、愛犬がお腹を見せる時は犬の気持ちを考えましょう

降参や服従の意志を示すとき

...
他の犬や人間の前で仰向けになってお腹を見せるのは、力関係で敵わないことを認めて降参の気持ちを伝えようとする時です。あえて急所を相手にさらすことによって、対立する意志のないことを示そうとしていると言われています。

また、飼い主から叱られたり注意されたりした際に、反省や服従の意志を示すためにお腹を見せることもあります。

犬は飼い主の大切にしている物を壊したり、人に吠えかかったりした時に飼い主から叱られると自分が悪いことをしたと自覚して、反省の気持ちを表すために仰向けになってお腹を見せるのです。

その時の愛犬の目は伏し目がちで時折飼い主の様子をうかがっており、ゆるしてもらえることを期待して小さく尻尾を振っていることが多いです。

時には、叱られる前に飼い主の心情を察して「叱らないで」という意図を伝えるために仰向けになってお腹を見せることもあります。犬は賢いため、悪いことをして叱られそうだと察したら、飼い主から叱られないために可愛い仕草をすれば効果的だという判断もしています。

 


飼い主さんに甘えたいとき

...
飼い主に甘えたい時や撫でてほしい時には、愛犬は仰向けになってお腹を見せることがあります。自分では掻きむしったり毛づくろいすることが難しい腹部を撫でてもらうと、犬は非常に気持ちが良いのです。お腹をわしゃわしゃすると喜ぶワンちゃんは多いですよね。

この時は、尻尾をゆっくりと振って飼い主の方をじっと見つめていることが多いでしょう。愛犬の意図を察して飼い主さんがお腹を撫でると軽く甘噛みしてくることもありますが、これは敵意が無く飼い主に対する単なる愛情表現ですね。
 

犬がリラックスしているとき

...
周囲に飼い主や他の犬がおらず、犬が1匹だけの時はリラックスした姿勢で寛ぎたいこともあります。そんな時に犬は仰向けになってお腹を見せることがあります。

お腹を見せる無防備な状態でも安心だと犬は思っていますから、いたずら心でお腹をつついたりするのはやめましょう。気を緩めて無警戒な体勢だった時に急に襲われたと勘違いして、驚いた犬が反撃してくることがあります。


人間もびっくりして思いもしない行動をしてしまうことがあるのと同じですね。飼い主さんに気がついていない時は話しかけてから撫でるようにしましょう。




臭いを付けたり消したりしたいとき

...

犬は人間の1000倍もの嗅覚を持つと言われています。愛犬にとって自分の臭いは日常生活において重要な要素であり、気に入らない臭いが身体に付着することを嫌います。

そこで、背中に付いた臭いを消すために地面に背中を擦りつけることがあります。その時には、仰向けになってお腹を上に向けることになります。また、自分の身体に好みの臭いを付けたい時にも背中を擦り付けるために仰向けになることがあります。

道端で急に愛犬が地面にゴロゴロし始めたら要注意!!愛犬の背中の下に、みみずや虫が発見されるかも??
 

愛犬がお腹を見せる時は犬の気持ちを考えましょう

...

様々な理由によって、愛犬はお腹を見せるものです。飼い主にかまって欲しい時もあれば、1匹だけでリラックスしたい時もあります。

お腹を見せる行動は犬の個体差もあるので原因が特定できることでもありません。愛犬と日頃からよくコミュニケーションをとってどんなことを考えているか考えてあげることが大切ですね!
 
 


ALPHAICONをフォローする