2019-12-11 11:00:00 +0900
ジャックラッセルテリアの特徴と飼い方!運動好きな飼い主さんにオススメ! ジャックラッセルテリアはもともと猟犬だったため、非常に運動能力が優れている犬種です。運動が大好きなためドッグスポーツのアジリティなどでも活躍しています。
性格は好奇心が旺盛で賢く、飼い主にも忠実なので正しく躾を行えば信頼できるパートナーとして育てることができます。
今回は、ジャックラッセルテリアの特徴と飼い方を特集します。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<



☆目次☆
1、ジャックラッセルテリアの特徴
2、ジャックラッセルテリアの飼い方
3、かかりやすい病気や注意点
4、ジャックラッセルテリアは優秀なスポーツ犬!

ジャックラッセルテリアの特徴

...
ジャックラッセルテリアは、ハンティングドッグとして狩りに用いていた犬種です。体を動かすことが大好きな犬種ですので、一緒に走ったりドッグランで遊んであげるのが好きな方に特に向いています。

体の特徴は、短めの足で小柄な体をしています。ボタン耳で垂れ尾、毛色はブラックホワイト・ホワイトタン・ブラックタンホワイト(トライ)・ホワイトの4種類です。

代表的な毛の配色はホワイトタンで、全体のベースがホワイトで顔や体の一部に茶色いタンが入るのが特徴です。

毛の長さは主に長毛と短毛があり、短毛はやや硬めの毛でスベスベの手触りが特徴のスムースコートです。

長毛には2種類あり、ラフコートは全身の毛が長く、毛量も多くキメの粗い(=ラフ)の被毛です。

ブロークンコートは硬い毛と柔らかい毛が混じり、長さも長毛と短毛が混ざり合って生えているのが特徴です。
ブロークンコートは絡まりやすい毛質のため定期的にトリミングを行うのがおすすめです。

目の色は明るめのブラウンでアーモンド型か丸型に分かれます。

ドッグスポーツで活躍する犬種ですが、災害救助犬として採用されることもあります。

 

ジャックラッセルテリアの飼い方

...
ジャックラッセルテリアを飼う場合には、毎日の散歩が重要です。運動が好きな犬種ですので、毎日の散歩でしっかりと体を動かすように心がけましょう。毎日の散歩は1時間〜2時間ほどが適しているため、比較的長い散歩時間が必要となります。

ジャックラッセルテリアは運動不足になるとストレスを感じてしまう犬種ですので、散歩の時間を確保できる方が飼育に向いています。


無駄吠えが多い傾向にあるので、子犬の時から根気良く躾を行う必要があります。無駄吠えをコントロールするためにはジャックラッセルテリアとの信頼関係が関わってくるので、普段から密なコミュニケーションを取りましょう。

ところで「無駄吠え」をした時に「ご近所に迷惑だから」と頭ごなしに叱っていませんか?

「無駄吠え」とよく表現しますが、実際に犬達にとっては決して「無駄」に吠えている訳ではなく、きちんと意味があって吠えています。

まずは、愛犬が何に対して吠えているのかを見極めましょう。

例えば「ご飯が欲しい!」「おやつちょうだい!」「お散歩行きたい!」ジャックラッセルテリアはこれらをジッと堪えて待てる犬種ではありません(笑)。
そのため、催促で吠えてしまう子も多いと思います。
これに関しては、飼い主さんとの根比べになります。

「吠えたら要求に応えない、吠えたところで何も起きない。」という事を教えましょう。
要求に応えてしまったら、それは愛犬の勝ちです。愛犬の思い通りにならないように、吠えたら声も掛けずにほっておきましょう。

または、ごはんやおやつだったら、吠えたら一旦下げてしまい、吠えるのを止めたらあげる。というのを徹底しましょう。


また、運動量が多いため食事量も多いです。成犬であれば1日2回に調整するのが理想ですが、個体差もあるので食欲が旺盛であれば一回の量を増やすなど微調整を行います。

 

かかりやすい病気や注意点

...
ジャックラッセルテリアがかかりやすい病気には、レッグぺルテスや糖尿病などがあります。レッグぺルテスは大腿骨頭壊死症(だいたいこっとうえししょう)とも呼ばれ、後ろ足の大腿骨頭に血液が不足し骨頭が壊死する病気です。

成長期である1歳以下の子犬によく見られます。原因は解明されていませんので、歩き方がおかしいような時には獣医に相談しましょう。

また、ジャックラッセルテリアは遺伝子的に糖尿病になりやすい犬種と言われています。食事を食べているのに体重が減る場合には糖尿病の疑いが考えられます。糖尿病を早期発見するためにもかかりつけの獣医で定期検診を受けましょう。

ジャックラッセルテリア に限らず、病気に関しては早期発見が重要になります。
シニアになったら特に、定期検診は欠かさず行いましょう。

我が家ではフィラリアの検査時に血液検査を同時にしてもらい、数値を見ています。
病気になる前に重要なのが、その子の標準のデータです。健康時の標準時のデータがあれば、結果に異常ありなのか、なしなのか、数値が高いのか、低いのかなどの基準になります。


 


ジャックラッセルテリアは優秀なスポーツ犬!

...
ジャックラッセルテリアは、とにかく運動が大好きな犬種です。そのため毎日のお散歩が短かったり不足してしまうと、ストレスになってしまいます。

毎日たっぷりと運動をさせてあげましょう。休日はドッグランなど広い場所で思いっきり走らせてあげると大喜びします。スポーツや体を動かすことが好きな方にぴったりな犬種です。


ここまでお話ししてきましたが、ジャックと一緒に暮らしている方で、「あれ?うちの子、当てはまらない・・・」と思った方はいませんか?でも、それでも良いのです。

ジャックラッセルテリア と言ってもここまでお話ししてきた内容の子達が多いというだけで、もちろん当てはまらない子もいます。

かく言う我が家のジャックラッセルテリアは、ジャックなのに「お散歩が嫌い」です。もちろん、体力は抜群のため、ひたすら家の中でのボール遊びが大好き。永遠にボールを持ってきては「投げて」と言ってきます。(これは思い当たる節がある方も多いのでは??笑)どうもお散歩中に鳴る飛行機の音やトラックが走る音が嫌いで、お散歩へ行っても全力で家に帰ろうとします・・・。


...
皆さんのお家のジャックはどんな子ですか??
多頭飼いの方は特に、3頭いれば3頭とも性格が違うと思います。

決して一筋縄ではいかない子が多いですが、それも一つの個性。ジャックとの生活をこれからも
楽しんでくださいね♪


アクティブなジャックラッセルテリア にオススメウェアは・・・

キャンプや水遊び、汚れ防止に
ダブルフルドッグガード 

スノーシューなどの雪遊びに
スノードッグガード

とっても寒がりのジャックちゃんには
ドッグガード・エア
 

ALPHAICONをフォローする