2019-11-27 11:00:00 +0900
冬の犬服、セーター以上の優れものがある!?愛犬の冬服におすすめの機能性ドッグウェア 普段は愛犬に服を着せない、という人でも冬になると考えが揺らぐものではないでしょうか。普段から愛犬に服を着せている人であればなおさら、冬の服選びは悩ましいものではないでしょうか?寒さを防ぎ、なおかつ蒸れにくく、さらには汚れにも強いものが理想ですよね。

今回は、犬用の冬服としておすすめしたい、機能性ドッグウェアについて紹介します。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<


☆目次☆
1、犬用の冬服、定番はセーター?
2、セーターのデメリット
3、新しい冬服なら、機能性ドッグウェアを!
4、冬でも快適に過ごすために

犬用の冬服、定番はセーター?

...
冬にお散歩に出ると愛犬がブルブル震えて可哀想、と思う飼い主さんも多いですよね。犬は寒さに強いイメージがありますが、犬種によっては極端な暑さ、寒さは苦手な子が多いものです。

そのため、冬になると暖かい服を着せてあげる、という人も少なくないでしょう。

たくさんの犬用の服が販売されていますが、冬の犬服と言えば、どんなものを想像しますか?スウェット?フリース?セーター??

...
今はショップに行くと様々なかわいい犬服が並んでいますよね。中でもセーターは伸縮せいがあって動きやすく、見た目もかわいいものが多いので、おでかけ着として1枚持っている方も多いのではないでしょうか。

場合によっては白い毛の子が白いセーターを着ていると抜け毛が目立たない、という理由で着せている方もいらっしゃるかもしれませんね。

冬の犬服と言えば、やはり定番はセーターです。毛糸で編まれたセーターは犬にとっても暖かく、伸縮性があって動きやすいのがポイントです。

また、毛糸で作られているため、犬自身の毛が抜けても色によってはそれほど目立たないのもメリットでしょう。

セーターのデメリット

...
ニットの製品は暖かい、動きやすい、抜け毛が目立たない、とメリットが多そうなセーターですが、デメリットも存在します。

まずは毛玉ができやすいことです。ヒトがセーターを着ていてもできやすい毛玉ですが、犬がセーターを着ると驚くほど毛玉を作ります。背中がかゆい時など、床の上でも構わずゴロゴロと背中をこすりつけている愛犬の姿、思わず可愛くてじっくり見つめてしまいますよね。

毛繕いをしながら、後ろ足で肩をかいている姿を見ることもあるでしょう。床や爪、壁などにこすりつけることで毛玉はどんどん作られていきます。

また、汚れやすいのもセーターのデメリットですね。犬用のセーターは、モコモコしたシルエットのものが多く、フードがついているものもあり見た目が可愛いのが特徴です。

飼い主として愛犬を可愛く見せたい、とついつい見た目重視のセーターを購入してしまいがちですが、愛犬はそうした飼い主の気持ちに頓着してはくれません。

1日目から泥だらけになってしまうことも珍しいことではないでしょう。汚れを落としやすい素材であれば良いのですが、セーターはなかなか汚れが落ちにくいのです。

新しい冬服なら、機能性ドッグウェアを!

...
愛犬の冬服を選ぶなら、機能性ドッグウェアも選択肢に入れてみては?

汚れに強く、動きやすいのが特徴です。ワンちゃんは動くのが好きな子が多いので愛犬に暖かくて動きやすいものを着せたいのが親ごごろですよね。

撥水性と保温効果が高い機能性ドッグウェアなら、雪の中でも活躍してくれます。さらに気になるのが、透湿性があるかではないでしょうか。

犬は体の熱を発散するのが上手ではないので熱を閉じ込めやすい冬服をきていると皮膚にも悪い影響を与えてしまうので要注意です。透湿機能がある機能性ドッグウェアなら、効率的に熱を放出してくれますよ。機能性ドッグウェアには透湿機能があるので効率的に熱を放出してくれますよ。



冬でも快適に過ごすために

...
冬は寒くて動きたくない、とアピールする子もいれば、冬でも飼い主と一緒にたくさん遊びたい、という子もいるでしょう。どんなタイプの子にも確かにセーターは冬の定番服として似合うものです。

しかし、寒さの中でも快適に遊ぶために、普段愛犬に服は着せないという人も、たくさん服を持っているという人も、機能性ドッグウェアを新たな冬の1着として検討してみてはいかがでしょうか。

アルファアイコンの「ダブルフルドッグガード」は冬の寒さや雪にも負けず、思いっきり遊ぶために開発された機能性ドッグウェアです。アウトドアシーンでの汚れ防止や雪玉防止はもちろん、防寒性にも優れ毎日のお散歩でも大活躍の一着です。

 

ダブルフルドッグガードのページはこちら

ALPHAICONをフォローする