2019-10-30 12:00:00 +0900
犬のお散歩バッグに入れておくべき必須アイテムとは? みなさんは、愛犬のお散歩の時に持っていくバッグはどの様なものを使っていますか?トートバッグ型?ショルダー型?エプロン型?ウエストバッグ型でしょうか?また、中身は何を入れていますか?最近は便利グッズやお散歩バッグも様々な種類があり、選ぶのも楽しいですよね。 そこで、今回は最低限持っていると困らないものをご紹介させていただきます。 あ!あれ持って行くの忘れている・・・という事が無い様に、少しでも参考にしていただけると幸いです。

関連記事:雨の日の散歩も楽しく!便利なレイングッズと帰宅後に必要なケア(字の上でクリック!)

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<



☆目次☆
1、毎日のお散歩バッグ入れておきたいアイテム
2、ちょっと遠出のお出かけに必要なバッグの中身
3、犬のお散歩バッグの選び方
4、お散歩バッグを選ぶポイント

毎日のお散歩バッグに入れておきたいアイテム

☆エチケット袋
うんちを取るための袋の事です。
ビニールとティッシュでも事足りますが、長いお散歩やおでかけの場合はニオイが漏れない様な消臭効果が高い袋がオススメです。
 
...
消臭効果が高いと言えばこれ!「みんなの防臭袋」(字の上でクリック!) 
 
☆水(ハンディシャワー、飲み水)
おしっこの後はお水で流しておくとマナーが良いですね。特に、大型犬の場合はおしっこの量も多いのできれいに流すためには多めのお水が必要になります。

ペットボトルが一般的ですが、シャワー状のお水が出るグッズもあるので、そういった便利グッズを使うと良いですね。

また、特に暑い日は飲み水も持って行くのをお忘れなく。途中で水分補給ができるように水飲み用の器を一緒に持っておきましょう。
 
...
ノズルを調整するだけで「ミスト」「直線」「シャワー」が出せる「アクアボット」
 
 ☆ティッシュ
うんちを取る時、犬のおしりや足が汚れてしまった時に持っておくと便利です。
通常のポケットティッシュやトイレットペーパーの他に、お尻や足を拭く時にはウェットティッシュもあった方が便利ですね。

この場合、アルコールタイプだと犬の皮膚には刺激が強いので、ノンアルコールタイプを用意しておきましょう。

ペットショップに売っている、ペット用のウェットティッシュは、厚手で破れにくくできているものが多く、拭きやすい様に大判になっているものもあるので、愛犬の大きさに合わせて選ぶと良いですね。
 
☆LEDライト
夜や夕方のお散歩には必須です。
歩行者だけではなく、自転車や車に存在を知らせるためにライトを付けて歩きましょう。
愛犬自身に付けるものと、飼い主さんが首から下げたり手で持つタイプのライトを持ったりして、なるべく明るくし、特に自転車や車から身を守りましょう。

夜のお散歩で自転車に乗った人に気付かれず、愛犬にぶつかられた経験があるという飼い主さんのお話も何件か聞いた事があります。
特に毛色が黒い子や小型犬は自転車や自動車から見えにくいので注意が必要です。

最近は、様々な色のものが多く、おしゃれで身につけやすいものも多いので、カラーやハーネスに合わせたり、ウェアに合わせて選んでも良いですね。
 
...
とにかく明るく、しかも防水!!「Orbiloc(オルビロック)」(字の上でクリック!)

☆予備のカラー、ハーネス、リード
万が一、お散歩の途中でカラーやハーネス、リードが壊れてしまったら大変!
そのために、念のため予備をお散歩バッグに入れておくと安心です。

 

ちょっと遠出のお出かけに必要なバッグの中身

☆ペットシーツ
水をかけられない場所でおしっこをしそうになってしまった場合、ペットシーツがあると便利です。
しっかりとおしっこを吸い取る事ができます。

本当は、お家の中でも外でも「ペットシーツ」に排泄、というトレーニングができていると、ペットシーツを敷けば排泄をしてくれるので、お散歩道を汚さずに済みます。

本来、お散歩はトイレをする時間では無く、運動の時間なのであくまでも「運動」のためにお散歩するのが理想です。
 
☆飲み水
こまめに水分補給ができるようにお水を持ち歩きましょう。
犬用の携帯用水トレーや、トレーとお水入れがセットになっているものがあればどこでも水を飲ませる事ができます。
 
☆雨具
急な雨に備えて、折り畳み傘や犬用のレインコートを持って行くと安心です。
特に梅雨時期は突然の雨が多い季節なので、持ち歩いておくと便利ですよ。

もし、傘で片手が塞がるのがちょっと・・・という場合は少しかさばりますが飼い主さん用のレインコートも持って行くと便利です。
 
...
全身フルガード!ALPHAICONの「レインドッグガード」(字の上でクリック!)

 

犬のお散歩バッグの選び方

...
☆トートバッグ
使いやすく、シンプルなトートバッグがオススメです。

グッズが取り出しやすい様に、マジックテープなどで口を止められるものが良いですね。口が開いているものも多いですが、グッズが落ちてしまう可能性もあるので、できれば口を止められるものが良いでしょう。ファスナーだとグッズは落ちませんが、かえって開け閉めが面倒臭い事もあります。

とはいえ、こればかりは好みです。自分が使いやすいものを選びましょう。
 
☆ショルダーバッグ
斜めがけのバッグは両手が使えるのでオススメです。
ショルダーバッグも口をマジックテープなどで止められるものが良いですね。
 
☆リュックサック
荷物をたくさん収納できるのが特徴で、ショルダーバッグ同様に手が空いて便利ですが荷物をすぐに取り出せないというデメリットがあります。
おでかけには良いかもしれませんが、お散歩ではリュックの大きさは必要無いかもしれませんね。
 
☆お散歩エプロン
バックルや紐で腰に装着するタイプの多機能エプロンです。
両手が自由に使えるので、お散歩に便利です。

お散歩専用のものなら、ペットボトルホルダーやDリングが付いているなど機能性が充実しているものが多いです。
エプロン型なのでグッズを最小限持ち歩くにはとても便利ですよ。


お散歩バッグを選ぶポイント

...
☆出し入れしやすいもの
犬から目を離さずに、うんちやおしっこの処理をしなければならないので、グッズの出し入れがしやすいものが良いですよ。
必要なものはすぐに取り出せる位置にしまうのが効率良く、オススメです。
 
☆洗える素材のもの
汚れを気にせずに愛犬とのお散歩を楽しめる様、お手入れしやすいものを選びましょう。撥水加工のバッグや丸洗いできるバッグがオススメです。雨の日用に防水バッグを一つ用意しておいても良いですね。
 
☆ホルダーやカラビナが付いているもの
ペットボトルを収納できるホルダーや、エチケット袋をぶら下げておけるカラビナなどが付いていると便利です。

ペットボトルは倒れると水が漏れる事もあるので、ホルダーで固定ができると安心です。
また、すぐに使いたいエチケット袋は、消臭袋などに入れてお散歩バッグにぶら下げておけば、バッグの中から探す事なくサッと取り出せるのでとても良いですよ。
 
今は様々な形状、素材のお散歩バッグが売っていますね。犬のお散歩用で作られたものもあれば、通常のバッグをお散歩バッグ代わりに使っている方も多いと思います。

私は、おでかけの時にはマナーバンドやおやつ、ペットシーツ、ウェアなどを入れるので少し大きめのバッグに、通常のお散歩は万が一雨が降ってきても困らない様に防水生地でできたお散歩バッグを持ち歩いています。

私自身がおでかけの時にショルダーバッグを持つ事が多いので、どうにか愛犬用のバッグも両手が離せる様にトート型では無いものが無いか、実はまだ試行錯誤中だったりします笑

written by misato ezura
 

ALPHAICONをフォローする