2019-04-28 18:30:00 +0900
犬のあくびの理由とは?眠いだけじゃない仕草の意味 春になると、ポカポカ陽気になり、愛犬が窓際でウトウト・・・なんていう場面をよく見かけるかと思います。いつもにも増してあくびをする姿を見かける事も多いのではないでしょうか?
一言で「あくび」と言っても、眠いだけではなく実は色々な意味がある事はご存知でしょうか?眠そうな顔をしていないのに、なぜか「あくび」をしている、犬同士で遊んでいる時、急にあくびをし出したなど、犬特有ののコミュニケーション方法を使っている場合もあるのです。
今回はこの「あくび」についてお話ししたいと思います。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<


☆目次☆
1、犬があくびをする5つの理由
2、<シュチュエーション別>あくびの種類
3、犬のあくびでわかる体調不良の可能性
4、犬があくびをした際に見ておきたいポイント

犬があくびをする5つの理由

...
☆眠い
犬も人間と同様に、眠い時に生理的なあくびをします。眠い時のあくびは、脳に酸素を送り、血行をよくするために酸素を多く取り込もうとしています。
 
☆自分や相手を落ち着かせたい
緊張を和らげて、リラックスしたいというサインです。これは、犬同士のコミュニケーション方法(ボディーランゲージのようなもの)であり、「カーミングシグナル」と呼ばれています。あくびはそのカーミングシグナルの一つと言われています。

例えば、お子さんと遊んでいたり、ドッグランでわんちゃん同士で遊んでいる時に「あくび」をしたら、「落ち着いて!」や、「落ち着こう、自分!」と思っているのです。
 
☆ストレスを感じている
犬は不快感を抱き、強いストレスを感じている時もあくびをします。
病院など苦手な場所に行った時や知らない人に触られている時、あくびをしている愛犬を見た事はありませんか?

これは、相手に「止めて欲しい」と訴えている場合もあるので、愛犬の表情を見極めつつ、対処してあげましょう。
 
☆人間のあくびがうつった
人間同士で、なぜか友人があくびをしたら、つられて自分もあくびが出た、という経験はありませんか?そんな時、よく「あくびうつった!」と言いますよね。実は、犬も同様あくびがうつると言われています。

特に、人と犬の絆が強いほど伝染しやすいようですよ。飼い主さんのあくびが愛犬にうつったら、愛犬との絆がしっかり出来ている証拠ですね♪
 
☆病気や不調のサイン
急にあくびが増えたり、体調が悪いような素振りを見せたりしたら、それは体調不良や病気が潜んでいる可能性があります。
 

<シチュエーション別>あくびの種類

...
☆ドッグランで思い切り遊んだ後のあくび
運動後で酸素不足のためあくびが出ます。これは、脳に酸素を多く取り込もうとしているためで、あくびが出たら少し休ませてあげましょう。
 
☆怒られている時のあくび
叱っている時にあくびをすると反省していないように思うが、実は別の意味があります。
一見、「叱られているのにあくびするなんて!」と思いますが、愛犬からしてみれば、「ごめんなさい!もう怒らないで」と思っている場合もあります。

また、頻繁に叱られている場合は「早く終わって欲しい・・・」とストレスを感じている可能性があります。

もし、叱っている時に愛犬があくびをし出したら、もしかしたら叱りすぎかもしれません。一回落ち着いて深呼吸してみましょう。
 
☆シャンプーなど、トリミング中のあくび
あまりシャンプーやトリミングが好きじゃない子はストレスを感じている事が多いです。これは、愛犬から「やめてほしい・・・」というサイン。

ただ、シャンプーやトリミングを止めるわけにはいきませんので、なるべく小さなうちからトリミングに慣れさせ、トリミングが好きな子になるよう、育てるのが良いですね。
 
☆散歩中のあくび
散歩中に他の犬と会って愛犬があくびをしていたら、相手に「争うつもりはないです!」と相手にカーミングシグナルを使って伝えています。
 

犬のあくびでわかる体調不良の可能性

...
☆危険なあくびのサイン
普段よりも頻繁にあくびをしている、急にあくびの回数が増えたなど、いつもと様子が違い、気になるほどあくびの回数が増えたと感じたら早めに病院へ連れていきましょう。
 
☆あくびから考えられる病気
【低血糖】
血液の中の糖分が減少する事で、脳の働きが低下する状態で、脳の働きを活性化させるために酸素を送り込もうとしてあくびが増えます。
特に、チワワなどの超小型犬や子犬に多いようです。
 
【貧血症】
貧血になると酸欠状態になるため、あくびが多くなります。一概には言えませんが、元気が無く動きたがらない、おしっこの色が赤い、呼吸が早い、歯茎など口腔内が白っぽくなるなどの症状が現れたら注意が必要です。
 
【うつ病】
犬がうつ病??と思いますが、犬だって心の病にかかる事があります。

長時間強いストレスを感じたり、長時間のお留守番でひとりぼっちの時間が長い、お散歩に行けない状態が続いている、スキンシップが足りないなど、原因はその子によって様々ですが、元気が無く、食欲が低下、あくびばかりしていて病院へ行っても原因がわからない場合はうつ病の可能性もあります。
 
【歯の不調】
歯の不快感や、歯が痛む時など、いつもと異なるあくびをする事があります。
あくびをしながら「キャン!」と鳴いたり、声を出すなどの症状が出たら、もしかしたら歯が痛いのかもしれません。

犬があくびをした際に見ておきたいポイント

...
☆舌の健康状態
犬があくびで口を開けた時に舌を確認する
舌の色がピンクでは無く変色していたら要注意です。
 
☆舌の色で考えられる病気の可能性
【舌が白い場合】
貧血の可能性があります。
 
【舌が紫の場合】
チアノーゼを起こしている場合があります。
心疾患や呼吸器疾患などの病気によって低酸素状態である可能性が高いです。
舌が紫になっていたら、まずは病院へ行きましょう。
 
眠い訳ではないのに愛犬が「あくび」をしていたら、どんな意味があるのか観察してみましょう。病気の疑いがない場合、犬たちのカーミングシグナルを見分けるのもおもしろいですよ。

「犬のコミュニケーション方法」であるカーミングシグナル。
あくびだけでは無く、様々なカーミングシグナルを使って、犬たちはコミュニケーションを取ろうとしています。

ところが、何度やっても飼い主さんがわかってくれない場合、愛犬たちはカーミングシグナルを出すのを諦めてしまいます。

もし、愛犬が眠くもないのに「あくび」をしていたら、「落ち着かせようとしているのかな?」「謝っているのかな」「止めてほしいのかな」と捉え、一度冷静になってみましょう。カーミングシグナルを理解する事で、愛犬との距離がますます近くなり、ますます楽しい日々が送れるかもしれません♪
 
written by misato ezura





   
 

ALPHAICONをフォローする