2019-04-22 11:00:00 +0900
犬のなめる行動の理由とは?犬の愛情表現と注意点 わんちゃん同士の挨拶の時、相手のわんちゃんの顔をよくなめたり、気がつくと毛づくろいの様に自分の体を愛犬がなめている姿を見た事はありませんか?また、食べ物を持っているわけではないのに、なぜかすごく手をなめてくる・・・そんな日はありませんか? 愛犬たちのこの「なめる」という行動、実は色々意味があるのです。今回はこの「なめる」という行動について、少しお話したいと思います。

ALPHAICONではドッグウウェアはもちろんのこと、愛犬にぜひ使っていただきたいドッググッズも厳選してご紹介していますのでぜひご活用してください。

>>ALPHAICONのドッグウェアはこちら<<


☆目次☆
1. 犬があちこちをなめる理由とは?
2. なめる場所でわかる犬が伝えたいこと
3. 犬がなめてきたときの注意点
4. 犬のなめグセをやめさせるコツ

犬があちこちをなめる理由とは?

...
☆犬にとってなめる行動は感情表現の一つ
飼い主さんに何かを伝えたい時に、なめる事で感情や欲求を伝えている事があります。
また、子犬の頃は母犬の口元を舐める事で「ご飯ちょうだい!」のサインだったり、母犬が子犬をなめて、血行をよくしてあげたり、「なめる」という行為は、犬同士でも大事なコミュニケーション手段なのです。

【安心している】
飼い主さんを信頼しているため、愛情表現の一つとして、飼い主さんの手や顔をなめています。

【遊んでほしい】
飼い主さんに「かまってアピール」をしています。飼い主さんがテレビを観ていたり、パソコンで作業をしている時など、「そういえば・・・??」と思う事はありませんか?そんな時は、退屈な気持ちや触れ合いたいという愛犬の気持ちの表れかもしれません。

【相手を落ち着かせようとしている】
犬は自分の体や手をなめることで、ストレスなどの気持ちを落ち着かせようとしている事があります。特に、周りに他の犬がいる時になめている時は、「カーミングシグナル(犬同士のコミュニケーション手段)」を使って、相手に伝えている場合が多いです。

また、例えば相手が興奮しているわんちゃんの場合、相手のわんちゃんをなめることによって、相手のわんちゃんにも、飼い主さんにも「落ち着いて!」というメッセージを送っている事があります。

家庭では、泣いている赤ちゃんをなめる事があります。これは、赤ちゃんには「落ち着いて!」と、飼い主さんを見ながらなめている時は「赤ちゃんを落ち着かせてあげて!」と訴えているのです。

【気になるニオイを確認している】
犬は気になるニオイがあると〝ペロッ〟となめて味覚でもニオイを確認する事があります。
食べ物以外でおもちゃなどをなめている時は、そのニオイが気になってなめている可能性もあります。
 

なめる場所でわかる!犬が伝えたい事

...
☆手をなめる
甘えたり、遊びの催促をしたい時は飼い主さんの手をなめてきます。
撫でたり、おやつをくれたりする飼い主さんの手は、犬にとって愛情を感じる場所です。
愛犬が飼い主さんの手をなめるのは信頼している証なのです。

だからこそ、決して愛犬を叩いたり、手を振り上げて怖い思いをさせてはいけません。
撫でようとすると噛もうとしたり、唸ったりする場合は、飼い主さんを含め、誰かに叩かれたり、何か嫌な思い出がある証拠です。

また、愛犬が爪切りや歯磨きなどが苦手な場合、必ず苦手な事をした後には倍の良い事をしてあげましょう。例えばおやつをあげたり、すごく褒めて撫でてあげたり・・・、「嫌な事をされた後でも必ずいい事がある。」と思ってもらう必要があります。

愛犬には、「人間の手はあたたかいもの。いつも良い事がある」と思ってほしいものですね。

☆足をなめる
特に夏、裸足でいると、愛犬に足をなめられることはありませんか?そんな時は「かまってほしい」サインです。また、飼い主さんが好きすぎて、とか、なぜか特定の人にやる場合は、好みのニオイや味(??)が好きな場合があります。

☆顔をなめる
顔をなめるのは、目上の人や犬に対して敬意をしめすような意味があります。顔をなめてくる時は、ペロペロと嬉しそうな表情をしていませんか?大好きな飼い主さんへの愛情表現で顔をなめることもよくあります。

また、犬同士の挨拶でも、顔をなめる子をよく見かけます。低姿勢で近づいて顔をなめている場合は、相手の子を尊敬している場合が多いです。
 

犬が飼い主さんをなめてきたときの注意点

...
☆細菌感染の可能性
愛情表現の一つである「なめる」という行為。ですが、時には細菌感染の可能性があることも忘れてはいけません。

犬に口元をなめられたりすることで、細菌に感染し、健康被害が及ぶ可能性もあります。
特に愛犬が使った食器と同じ食器で食事をしたり、愛犬に使っているスプーンで子供に食べ物をあげたりするのも避けましょう。

特に疲れている時や免疫力が落ちている時は細菌感染しやすいので注意が必要です。

☆犬から感染しやすい病気
【パスツレラ病】

パスツレラ菌は、ほとんどの犬や猫が保有している口腔内常在菌の一つです。犬の口の中にある分には常在菌ですから、通常は特に心配する事はありませんが、愛犬が飼い主さんの口元をなめた時に犬から人へと感染する可能性があります。また、犬や猫に噛まれた時も要注意です。

人間が感染すると、感染箇所が赤く腫れ上がったり、呼吸器や皮膚などに炎症を起こす場合があります。
犬や猫自身は、この菌を保有している事で免疫力が下がった時など万が一感染したとしても、はっきりした症状はほとんど現れない事が多いです。

【カンピロバクター症】
カンピロバクターという細菌による病気です。
通常は豚や鶏、牛の腸内に分布し、犬の腸内にも潜んでいますが、重症化すると犬も下痢を引き起こす事があります。

カンピロバクター症は、汚染された食品や水を口にする事で発生する食中毒と、感染している動物と接触することによって発生する動物由来感染症とに分けられます。空気中では長期間生存できないため、伝染病の様に人から人へ感染する事は滅多にありません。

牛や豚、鶏、犬や猫、ハムスターなどでも保菌が確認されていて、多くは無症状ですが、子犬・子猫・ハムスターでは下痢を起こすような症状が出る子がいます。

カンピロバクターの場合、犬や猫になめられて感染するわけではありませんが、犬や猫の体に菌が付着していて、知らずに撫でてしまった後や、感染した子のウンチを片付けている時に感染する可能性があるので、特に愛犬や愛猫がお腹を壊している時や調子が悪い時にはまず獣医師に相談し、愛犬や愛猫のトイレの掃除や、撫でた後などは念入りに手を洗うようにしましょう。

カンピロバクターは、犬猫などから感染する以外では、特にお肉類を食べた事により感染する事が多く、その中でも鶏肉の加熱が十分されていなかったり、生で食べた事によって感染する事が多いようです。

人が感染すると(食中毒にかかると)下痢や腹痛、発熱、頭痛などの症状が出ます。
 

犬のなめグセをやめさせるコツ

...
たまにするスキンシップなら良いのですが、頻度が高い場合はなめグセをやめさせる必要があります。
1日に何度もなめてきたり、執拗にずっとなめてくるなど、飼い主さんの生活に支障をきたすまで過度になってしまうと、お互いによくありません。
 
☆なめグセを直す方法
【落ち着いた声で止めさせる】

「おすわり」や「待て」、「止めて」など、指示をすれば止めるようにしましょう。もちろん、きちんとなめるのを止めたら褒めてあげてくださいね。

【顔をそらして、一切かまわない】
犬から目をそらし、平然とした態度で愛犬が落ち着くのを待ちましょう。
静かになって、落ち着いたら褒めたり、遊んだりしてあげます。
繰り返ししていく内に「なめなくても遊んであげる」ということを愛犬に覚えてもらいます。


...
【よく遊んであげる】
なめる事で愛犬が「かまって欲しい」「退屈!」アピールをしている場合、コミュニケーション不足の可能性があります。

飼い主さんにもそれぞれ事情があるかと思いますので、せめて愛犬がお留守番が多かった日は、帰ってきた後、または次の日にいつも以上に褒めたり、遊んだりしてあげられると良いですね。

【大きな声で制止するのは逆効果】
「ダメ!」など、大きな声で注意すると、ビックリしてしまうのと、高い声で「ダメ!」と言うと、どちらかと言うと「応援してくれてるんだ」「遊んでくれているんだ」「かまってくれているんだ」と勘違いしてしまう事があります。

また、何度も声をかけてしまうと、声のトーンや表情にもよりますが、場合によっては愛犬が「喜んでくれてる!」と感じてしまい、さらになめるのを止めなくなる可能性があるので注意が必要です。
 
「なめる」と言う行為。クセで体や手をなめるようになると、例えば手や足は毛が変色してしまう場合もありますし、皮膚病の原因にもなります。そうなると治癒するまでに時間もかかるので、クセになる前によく愛犬の行動を観察し、「最近遊んであげてないな」「かまってあげてないな」など思い当たるフシがある場合は、愛犬とおでかけをしたり、お家の中でも遊んであげたりしてなるべく「かまって」のなめる行動をしないように工夫しましょう。

もし、思い当たるフシがない場合は、一度トレーナーや獣医師に相談してみるのも良いかもしれません。病気などが原因じゃない場合でも、飼い主さんが思いつかなかったヒントを得られたり、原因がわかったりするかもしれません。

また、「パスツレラ」などの病気がうつる!と、愛犬に対して過度に嫌がるのは愛犬も戸惑いますし、かえってかわいそうなので、愛情表現を「なめる」事ではなく愛犬がなめてきそうになったら、「撫でる」など、別の方法でスキンシップをするようにしてくださいね。
 
written by misato ezura


 

ALPHAICONをフォローする