2016-05-21 12:00:00 +0900
シニア犬と“じい散歩” 我が家のジャックラッセルテリア、“はじめ”は13才です。若い頃は無限の体力でしたが(言い過ぎかな?)今はだいぶゆっくり散歩になりました。トレッキングなどの本格アウトドアは少し難しくても、自然の中で散策したい!と思い、今回は近場の横浜市都筑区にある散策道をはじめと一緒に「ぶらり旅」してきました。

階段上り下り

...

平坦な散歩道をトコトコ行くと、目の前には階段が。よほど気持ちが良かったのか、スイスイ上ります。
こう見えてはじめ、実は家の階段は上り下りができません。小さい頃に教えていなかったのもあるのか、階段は「抱っこされるもの」と思っているらしく、誘導してもまったく上れないのです。なのに、何故か外の階段は上り下りができるという、未だに謎な部分です(笑)

さておき、自然の中の階段を上って行くと、どんぐりがたくさん落ちている山道にたどり着きました。

マイナスイオンたっっぷりの山道を散策

...

今は新緑の季節。梅雨入り前のとってもいい季節ですね。お天気も良かったため、木漏れ日が素敵です。地上は少し気温が高めで汗ばむ位でしたが、散策道を上って行くにつれ、とても涼しくシニア犬にもやさしい気候になりました。周辺はどんぐりもたくさん落ちていて、木々にも囲まれているので、新緑のいいニオイがあふれています。風も普段のお散歩では感じられないような気持ちのいい風でした。

たけのこと竹林

...

また少し歩くと、両脇に竹が生い茂る道に。ふと竹の脇に目線を落として見ると、ぐんぐん成長している“たけのこ”が。「ちょっとおいしそう・・・」と思いながら、はじめと一緒に前に進みます。(竹林の中には入れません、もちろんたけのこも採ってはダメだと立て看板がありました。)

竹林に囲まれた散策道を行く

...

階段を下りきると、とっても風が気持ちいい散策道に。周辺は竹林なのでちょっぴり幻想的です。ちょうどすれ違ったおばあちゃんが、「もう少し歩くと、きれいなお花があるよ。私がちょうど見たかったお花は終わっちゃったんだけど」と教えてくれました。“もう少し行ってみようかな”とも思ったのですが、とりあえず「また今度」ということにして、今回はUターンしました。

気分転換には最高!

...
今回、はじめと行った散策コース。ゆっくりではありましたが、とっても気分転換になりました。若いアクティブな子には物足りないと思いますが、シニアにはちょうどいいコース。適度に傾斜と階段があり、筋力を保つのに良かったと思います。お散歩とはまた違う、土や木々のニオイを感じながらの散策。たった往復50分ほどのコースでしたが、とても楽しいひとときになりました。はじめはというと、まったく疲れた様子も無く、まだまだ行きたいといった感じでしたので、次回はもう少し距離を延ばしてみようかと思います。(その辺はやはりジャックラッセルテリアですね)

「うちの子はシニアだからアウトドアはちょっと敷居が高い・・・」と思っている飼い主さん、少しだけお散歩道から外れてシニア犬と一緒に“ぶらり旅”、オススメですよ!

Author Misato Ezura

愛犬:はじめ ジャックラッセルテリア 男の子 14才(2017年2月16日虹の橋へ・・・)

ALPHAICONをフォローする